トップページへ 
お申し込み・お問い合わせは:0120-571-351 まで!

 トップページへ





予備校選びの最大のポイントは、講師だといわれています。その点、CRSの講師陣は、受験指導経験の豊富さはもちろんのこと、実績も抜群です。官界・法曹界・マスコミ界に送り出した合格者の数は数百人を超え、多くの合格者、受講生から圧倒的な支持を得ています。



講師と合格者が話し合いを重ね、開発したオリジナルテキスト。「出版するだけして、あとは受験生任せ」といった難解なテキストが溢れる中で、CRSは受験生の気持ちを最優先に考えて、時間をかけて熟成させ、濃厚で理解しやすいテキストを作り上げました。今までインプットに苦しんだ科目もこれで万全です。



学力と人間力。どちらとも兼ね備えた人材が、求められています。CRSの二次試験対策(公務員・法科大学院・マスコミ別)は、少人数制により個別指導を徹底。例えば公務員二次対策では、受講生が納得いくまで、面接カード作成のお手伝いをさせていただきますし、時間の許す限り何度でも面接指導をおこないます。受講生の良い部分を最大限引き出し、自信を持って面接に臨むことができるようになるまで、労力を惜しみません。

本試験直前期(2月〜6月)は、特に講師陣をつかまえて個別指導で受けたいのが本音。CRSでは、この時期に各講師別(科目別)の個別質問会(マンツーマンシステム・予約制)を導入し、受験生の方々に対応しております。通常講義の質問も当然ですが、この時期の質問会は特別。毎年合格者の方々が好評を得ています。




CRSでは、合格者アドバイザー制度を採用しています。公務員試験で重要な併願作戦、職種・自治体ごとの対応策、法科大学院受験での大学院別試験対策、マスコミ受験での最新試験情報など、その他分からないこと、ご相談いただければ精一杯、フォローいたします。また、合格者の常駐を実現し、各試験の勉強方法から、問題の解き方のアドバイスまで、責任を持って、親切・真心で対応いたします。大手予備校では実現できないシステムが、CRSにあります。



CRSでは定期的に合格者との交流会を開催することで、合格するために必要な情報や経験談を聞くことができます。公務員試験には、情報誌・雑誌からだけでは知ることのできない情報が沢山あります。そんな時、試験に合格された先輩方の生の声は、とても役に立ちます。また、受講生同士の横の繋がりを強めるために、年に二回(夏・春)の合宿も行なっております。良きライバルと切磋琢磨して、一緒に合格を勝ち取りましょう。



CRSでは、講義DVDの無料貸出を行なっています。だから、万が一授業を休むことになっても安心です。授業で配布したオリジナルレジュメと合わせて学習すれば、好きなときに、好きなだけ、ハイクオリティな講義を受講することが可能です。またコース期間中に入校された場合でも、DVD無料貸出制度によって、本科生にすぐに追いつくことが可能です。