トップページへ 
お申し込み・お問い合わせは:0120-571-351 まで!

 トップページへ



担当/適性試験対策(推論分析力分野)指導

法科大学院入学の第一関門になるのが「法科大学院適性試験」です。
ここで試される論理的思考能力、分析的思考能力、客観的判断力は、実際に法曹界に入り仕事をしていく上で 必要なばかりでなく、法科大学院での2、3年の在籍によって新司法試験に対峙するだけの力を身に付ける素養の有無も問われるのだと考えられます。
私の講義では、まず、ごく基本的な形式論理学の知識や数学の基礎も学んでもらいますが、これはあくまでも論理的・分析的思考を助ける道具に過ぎません。 最終的には、たくさんの問題演習を通して、思考力を鍛え上げていきましょう。
講師プロフィール:
大手予備校にて十数年に亘り、公務員試験・法科大学院適性試験対策講師を歴任。本年度よりCRS専任講師として教鞭を執る。 適性試験対策(推論分析分野)には入試初年度より携わっており、一見難解な問題も、独自の解法で瞬時に正答に導く講義は、苦手分野としてる受験生を得点源にするまでに変え、毎年数多くの適性高得点合格者を輩出する実績を持つ。また講義時間以外でも、受講生が納得できるまで個別に質問に応じることから、受講生からの厚い信頼を得ている。 久留米大学非常勤講師。

担当/適性試験対策(読解表現力分野)指導

法科大学院における適性試験の結果は、各大学院のウエイトの違いはあるものの、一次選考に大きな影響を与えます。 私が担当する適性試験完全対策講座では、長文読解力(読解表現力)を養成していきますが、適性試験では一部の論述問題を除き、 多肢択一形式で・空欄補充・内容把握・文の整序等が出題されています。小問数に対して試験時間が短いのも特徴です。 そのため、いかに[早く]そして[正確]に、本文・問題文中から解答を導く鍵となる語句を見つけ出していくかが重要となっていきます。 講義では、過去問分析・解法マスター・問題演習全てにおいて、この点を重視して進めて行きます。 そして国語力は、小論文試験にはもちろん、面接試験での発言にも影響を与えます。 その点も踏まえ、皆さん一人ひとりの実力アップのため、全力を尽くします。しっかりと学んでいきましょう。
講師プロフィール:
2005年からCRSの専任講師となる。ロースクール対策講座では「長文読解力(読解表現力)」を担当し、過去の出題傾向を踏まえたうえで、短い試験時間の中で効率的に解いていく方法を示すスタイルで講義を進めている。公務員対策講座でも、文章理解や課題式論文(二次試験対策)を担当しており、論理的にひとまとまりとなっている文章を、丁寧にかつ迅速に読み取る能力や記述する能力の養成には定評がある。